ダイエット 簡単 成功

一人暮らしダイエットの成功と失敗。

特別、ダイエットをしようと思っていたわけではないものの、実家暮らしの頃は、やはり無駄な間食をしがちだし、
生活感も甘えが出ているのか微妙にあごの下がたるんでいるような気がするし・・・

 

と思っていたこともあり、一人暮らしを始めた時は、とにかく自分で料理をして、経費削減のためにもお菓子を買いすぎたり、無駄な間食はしない!と決意しました。

 

その甲斐あってか、自分では無自覚だったものの、周りの人から「なんか最近、細くなったよね」と言われることが増えてきました。

 

確かに、一人暮らしの時にやった方法としては、自炊以外に「食パンの耳を切り離しておいて、お菓子代わりにする」ということもしておりました。

 

これは、その当時読んだマンガからヒントを得て実行した「貧乏状態でもできるぜいたく」でしたが、
パンの耳に砂糖やチョコレートペースト(ハチミツもおいしいです!)をつけて食べるというものです。
実家暮らしに戻っている現在でも、時折やっております。

 

そうこうしているうちに、だんだん体力が低下してきました。

 

ちゃんと食事のバランスを考えたメニューにしていたのですが、私の場合、晩ご飯用に作っておいたものを、さらに仕事のお昼ご飯にも持って行っていたのです。
そのため、一応三食食べてはいるものの、一食当たりに摂取するボリュームが通常の半分程度となってしまいました。

 

ダイエットとしては成功でしたが、体力的なことを考えると、どうでしょう・・・微妙な感じもしますね。
そう考えると、現在のダイエット食材に見られる「一食分のカロリーを置き換える」という考え方は、働く女性にとっては非常にありがたいものなのでしょう。

 

私のような一人暮らしダイエットは、1か月ほどの短期間であればおすすめできるものなのかもしれません。
やはり、体力を使う生活は、それなりのカロリー摂取が必要なのだと実感したのでした。